和歌山県のお葬式のことなら和歌山県東牟婁郡の中本葬祭

0120-52-4966

資料請求

お葬式の現場から

2016.7.18

誰から買うか?

今日は。新宮市・那智勝浦町・太地町の葬儀社、中本葬祭の中本です。

広島に行った時、結構な頻度で利用するお好み焼き屋さんがあります。

駅ビルの中にある「麗ちゃん」と言うお店なのですが、いつ行っても混んでます。
混んでる位なら運が良い方で、行列が出来ている事も決して珍しくありません。

ちなみにこちらの駅ビルには、お好み焼き屋さんだけでも10店舗以上はあるんじゃなかろうかという位、
沢山のお好み焼き屋さんがテナントに入ってます。
そして、他の店が閑古鳥であっても、麗ちゃんだけはいつも行列なのです。

ここに限らず、地域1番店と言われるお店には、何か独特の安心感や大切にしているものを肌で感じます。

どんな激選区であろうとも、1番は1番であり、ただ1つなのですね。
広島のお好み焼きの他に「関西風も出来ます」と言うお店もある一方、1番店は「出来てもやりません!」なのですね。

ラーメン界の巨人と言われる一蘭も「チャーハンをやれば売上は確かに伸びる。でも、豚骨ラーメンの味を大事にしたいからやらない」と社長が話していました。

共通しているのが『何を売って何を売らないかがハッキリしている』と言う点ですね。

そして『誰に売って、誰に売らないのか?』そのお店作りがしっかり出来ている気がします。

何でも売って、誰でもいらっしゃいと言う時代はとうに終わったと色んなところで耳にします。
これからは『誰から買うか?』の時代なのだそうです。

我が社もそんな会社になりたいと、地域密着でやってきました。そして、その地域1番の信頼の実績をどう積み上げるかが勝負です。

同業他社と戦う必要はない。
我々は毎回毎回、お客様と勝負だ。

また何かと言う時には使ってくださるか、「誰かに紹介したい!」と思ってくださるか。
本当に良いお葬式だったとお客様に思って頂けるかどうか。

その真剣勝負を毎回毎回、繰り返して一生懸命努力するスタッフをどの様にして育てるか。

こんな時代だからこそ、そこを大切にしたいといつも思っています。

本日は以上で失礼いたします。
本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

関連する記事

2017.4.21

浄土真宗の東本願寺、西本願寺、大谷派の違いとは?

こんにちは。新宮市・那智勝浦町・太地町の葬儀社、家族葬の中本葬祭の中本です。 京...

2016.4.26

おちつき団子(積み団子)

こんにちは。新宮市・那智勝浦町・太地町の葬儀社、中本葬祭の中本です。 当地方では...

2016.4.10

今は無くなった「釘打ちの儀式」の意味

こんにちは。新宮市・那智勝浦町・太地町の葬儀社中本葬祭の中本です。 最近は無くな...

2017.4.16

導師って何?

こんにちは。新宮市・那智勝浦町・太地町の葬儀社、家族葬の中本葬祭の中本です。 お...

2016.8.7

初盆

こんにちは。新宮市・那智勝浦町・太地町の葬儀社、中本葬祭の中本です。 ようやく怒...

2016.4.9

清め塩のナゾ。

こんにちは。新宮市・那智勝浦町・太地町の葬儀・葬式・家族葬の中本葬祭の中本です。...