スタッフ紹介

私たちがお手伝いさせていただきます

葬祭ディレクター 部長内村 恵

故人様らしい様々な形での葬儀をご提案させて頂き、
故人様を想い返す場、お見送りをして頂く場と言うお葬儀を心掛けております。

中本葬祭のお葬儀は、ご遺族様、ご親族の皆様方と当社スタッフが一つになって一つの形だけではなく、故人様らしい様々な形での葬儀をご提案させて頂き、故人様を想い返す場、お見送りをして頂く場と言うお葬儀を心掛けております。

当社スタッフは、全員、社内コミュニケーションを大切にし、いつでも迅速・正確に連携対応ができ、誰一人欠けることなく一つの想い、着地点へと進み、ご遺族様のお手伝いをさせて頂ける優秀なスタッフが揃っております。これまでにお客様から頂いた一番嬉しかったお言葉で、「中本葬祭に依頼をし、貴方に、担当を受け持って頂けて本当に良かった。次にこう言う機会があるならば、是非、また貴方にお願いしたい。」と、言うご遺族様からのお言葉が非常に有難く心に残っております。

インタビューはこちら

葬祭ディレクター 葬祭部汐﨑 剣児

一言で言い表すならばチームのみんなで、
「故人様にありがとうを伝えられる空間、感動を創造する」会社です。

私がしている仕事は、全てにおいてお葬式が滞りなく行われるよう、ご家族のサポートをさせていただき、ご家族と相談しながら感動を創造することです。

その中で何度かお会いしたことのあるお客様から「すごく良くなった」「司会上手になったな」とお褒めいただいた事も有り、その時はとても嬉しく、自分が頑張ってきた事が認められた、この仕事していて本当に良かったと感じました。

中本葬祭の従業員は皆とてもユニークな方達です。入社する前は「葬儀=暗い」イメージだったので、働いている方達も‥なんて思っていましたが、普段は笑顔いっぱいの会社で、毎日真剣にお仕事をさせてもらっています。

そんな私たちが働いている中本葬祭を、一言で言い表すならばチームのみんなで、「故人様にありがとうを伝えられる空間、感動を創造する」会社です。

インタビューはこちら

葬祭ディレクター 葬祭部山下 浩司

1件1件真剣にそのご家族のお気持ちに寄りそって
お手伝いさせて頂きたいと思っています。

私は葬儀業界に入り4年目と言うこともあり、まだわからない所が多いのですが、常に上司や先輩達が真剣に話しを聞いてくれ、的確なアドバイスをわかりやすく説明してくれ、私の方からも質問をし易い場を作ってくれます。

葬儀の仕事は、同じ葬儀は1件もなく一つ一つが違います。ご家族の皆様にとっては、2度目のない大切な時間なので、1件1件真剣にそのご家族のお気持ちに寄りそってお手伝いさせて頂きたいと思っています。

ご葬儀が終わった後、ご家族の皆様より「病院からの搬送、まるで家族のようにお父さんに話しかけてくれたり、葬儀の時には、細かい打合せやわかりやすい説明をしてくれたり、お寺との打合せやお参りに来てくれた方や我々に対してのスタッフの気遣い、とても嬉しかったです。本当にありがとう」とお話下さった事がありました。

本当に嬉しく思いましたし、そうしたお言葉に報いる仕事が出来るよう、これからも頑張っていこうと思います。

インタビューはこちら

葬祭ディレクター 葬祭部財賀 幸男

これからも『感動を創造する』を心に刻み、
お客様と向き合いながら、日々の業務を精一杯頑張りたいと思っています。

私は日々、斎場設営や環境を整え、少しでも中本葬祭のスタッフ全員の助けになるよう、心掛けて仕事をしています。

又、夜間の病院などからの搬送の際、まず最初にお客様にお会いした時には、ご家族の傷付いたお気持ちにどのように寄り添えるか自問しながら、ちょっとした言葉遣いや立ち振る舞いにも気をつけています。

ある葬儀が終わり、月日が経ったある日、街中でご家族様にお会いしたことがありました。その際に「あの時はありがとうございました」とお声をかけて頂いたことがあり、そのようなお言葉を頂けるこの職業に着けた喜びを強く感じた事を今も鮮明に覚えています。

これからも『感動を創造する』を心に刻み、お客様と向き合いながら、日々の業務を精一杯頑張りたいと思っています。

インタビューはこちら

葬祭ディレクター 納棺部裏東 勢子

言葉にならない気持ちを抱えているご家族の皆さまが悔いのないお見送りができるよう寄り添わせて頂くことを大切にしています。

私が仕事をする上で大切にしている事は、ご家族の方のお話をしっかりと聞き どこまでもお元気だった頃の故人様らしくメイクをさせて頂くことです。言葉にならない気持ちを抱えているご家族の皆さまが悔いのないお見送りができるよう寄り添わせて頂くことを大切にしています。

「こんなにしっかり ゆっくりとお別れさせて頂けるのは はじめてです」と言って頂いた時に、改めてお別れをして頂ける時間と場所をご提供するというのは本当に大切な事だなと再認識した事を思い出します。

葬儀から数年たってお会いした時に「あの時は本当に心を尽くしてくれて、ありがとう。お陰で悔いなくお別れすることが出来た。出棺の時も故人の事を考えてくれて、家族の気持ちを汲んでくれた事に感謝です。本当にありがとう。」この仕事を頑張ってきて良かったなと思いました。

弊社の社員はみんなで相談しながら、1つ1つのお見送りを大切に大切に思いながら仕事をしています。

インタビューはこちら

葬祭ディレクター 納棺部坪田 玲子

助け合いながらお客様と向き合っていけることを誇りに思い、これからも感動を創造する為に頑張っていきたいです。

私の主な仕事は亡くなった方が最後、綺麗なお姿でいていただける様にご家族のお話や社員からメイクやお手当、着付けなどをさせて頂いております。

私が葬儀を施行させて頂く上で最も心がけている事は、大切なご家族を亡くされたお客様の気持ちを一番に考え、気持ちに寄り添い、まごころ込めて旅立ちのお手伝いをさせていただく事です。

「綺麗にしてくれてありがとう。昔のイメージのままだね」など言っていただいて喜んでいただいた時には、この仕事に携わることが出来て良かったと心から思います。お客様との繋がりがとても大切な事だと感じており、葬儀が終わったお客様からも多くお声をかけて頂いてもおります。

1つ1つの事をスタッフ全員で相談し合い、助け合いながらお客様と向き合っていけることを誇りに思い、これからも感動を創造する為に頑張っていきたいです。

インタビューはこちら

お問い合わせ

深夜・早朝にかかわらず24時間対応します。

私たちがすぐに
ご対応させていただきます